逆子を治すツボへのお灸治療 - 宝塚市 不妊治療 妊婦 腰痛 鍼灸 整体 不育症

よこいハリニック鍼灸整体院

Q&A

逆子を治すツボへのお灸治療

帝王切開でなく自然分娩で産めるようにお灸をなさってみませんか?

30週くらいで先生から「逆子ちゃんですね」と言われたり、外回転術のリスクを避けるのであれば、なるべく早くに、治療院での逆子のお灸を始めてください。


お腹の赤ちゃんが小さいと動きやすいのでお灸治療のスタートはお早めに!

逆子治療に効果的な「至陰」へお灸をしていくことで、赤ちゃんが回りやすくしていきます。

01_13

帝王切開でなく自然分娩で産めるようにお灸をなさってみませんか。

30週くらいで先生から「逆子ちゃんですね」と言われたり、外回転術のリスクを避けるのであれば、なるべく早くに治療院での逆子のお灸を始めてください。

お腹の赤ちゃんが小さいと動きやすいのでお灸治療のスタートはお早めに。

足の小指や膝の下に逆子のツボがありますので、そのツボにお灸やハリをしていきます。
思いのほか熱くも痛くもありませんのご安心ください。

逆子の鍼灸での治療

足の小指の外側にある「至陰 しいん」のつぼにお灸を7~15個ほどと、内くるぶしの上にある「三陰交 さんいんこう」に2個ほどお灸をしていきます。お灸やはりの治療すると、ママのお腹周りの筋肉がほぐれてきて柔らかくなり逆子の赤ちゃんが回りやすくなります。

それと、足の血の巡りや、むくみも良くなったり冷えの改善にもつながってくるので、ママの身体も元気になります。

赤ちゃんが小さいと逆子(さかご)のほぼ9割は鍼灸で治るデーターもありますので、早めに治療を開始するのが望ましいと思います。

●至陰(しいん)
お灸の治療は、7個から15個くらいお灸をしていきます。そして、ご自宅でもできる温灸をお渡しするのでご自分でもなさってください。

●三陰交(さんいんこう)
お腹の張りのあるママには「三陰交 さんいんこう」にもお灸などの治療をしていく場合もあります。足の血の巡りや、むくみにも効果が期待でき赤ちゃんが良く動いてくれるようになります。

●足の三里(あしのさんり)
逆子の赤ちゃんを回りやすくするために、お腹の張りを取るツボに鍼などの治療をしていきます。

帝王切開よりも自然分娩で産めるようにお灸をなさってみませんか。

30週くらいで先生から「逆子ちゃんですね」と言われたらなるべく早くに、
治療院でのお灸を始めてください。

「帝王切開でなく自然分娩で!」「外回転術を受けずに何とか治ってほしい!」「逆子を何とか治したい」そんな逆子ちゃんママの駆け込み鍼灸院です。
お腹の赤ちゃんが動きやすくしてくれるお灸治療のスタートはお早めに。

この記事を共有する

妊娠中の腰痛・不妊症解消したい方へ

宝塚市,中山寺駅の不妊治療 妊婦 腰痛 鍼灸 整体 不育症

平日19時半まで受付 初回施術特典あり 中山寺駅より徒歩2分 お子さん連れ可能 駐車場3台あり

【無料】不妊や産前産後の不調でお悩みの方へ

【初回限定】色々試したけど不妊治療で結果が出ない方へ

子宝治療(不妊治療)※体験治療半額

7,000円(税込)→3,500円(税込)

【初回限定】逆子で出産が不安な方、早めの治療がオススメです

逆子治療(体験治療半額

3,000円(税込)→1,500円(税込)

逆子鍼灸整体(体験治療半額

6,000円(税込)→ 3,000円(税込)

【初回限定】妊娠中の腰痛、つわりなどを解消したい方へ

妊婦さん専用の特別治療(体験治療半額

6,000円(税込)→ 3,000円(税込)

【初回限定】産後の腰痛や、体型が戻らずお悩みの方へ

産後の骨盤矯正(体験治療半額

6,000円(税込)→ 3,000円(税込)