つわりについて - 宝塚市 不妊治療 妊婦 腰痛 鍼灸 整体 不育症

よこいハリニック鍼灸整体院

つわりについて

つわりを早く終わらせる温灸治療


妊娠初期のツライ「つわり」

「つわり」の症状は早くに出る妊婦さんだと4~5週くらいから
始まるようです。
週数が進むにつれて、「つわり」の症状はひどくなりますが、
多くの場合は、

6週くらいからつわりっぽくなって、
10週前後がピークで
12週前後から落ち着いてきますので

ご安心を。

「つわり」は80%の妊婦さんが経験するそうですが、中にはまったく
「つわり」の症状が出ない妊婦さんもいらっしゃいますし、上の子は全然
「つわり」がなかったのに、お二人目、三人目はしっかり「つわり」になる
など個人差があるようです。

つわりにも、色々なパターンがあります。

つわりといえば、胸焼け、むかつき、嘔吐を繰り返す「吐きつわり」が代表的な
症状ですが、ほかには「食べつわり」「眠りつわり」「よだれつわり」なども
あります。

どのつわりもツライ時期は無理せずにゆっくりとお休みになったり、
ハリニックの「つわり専用の温灸治療」に早めにお越しになってください。

Futari3


<ハリニックのつわり治療>

一般的な「吐きつわり」「食べつわり」「唾液つわり(よだれつわり)」
などを東洋医学的な診方をすると、体の水分の停滞と胃腸に熱がこもって起こる
考えます。

お腹の中に新たな生命体である赤ちゃんが宿った事で、ママのからだの生命力が
活発になったり、赤ちゃんの熱でからだがオーバーヒートのような状態になって
胃腸に熱がこもると「吐つわり」活発になった生命力がいい影響がでると
消化力が高まって「食べつわり」になります。

またその熱がからだの水分を熱してしまうと、唾液が濃くなるので「唾液つわり
よだれつわり」になってしまいます。



そのような状態を東洋医学の観点から整える鍼灸治療や温灸治療で、
からだの熱や水分の流れをスムーズな状態にもどす事で

「食べつわり」「吐きつわり」「唾液つわり(よだれつわり)」

を解消していくことが可能になってきます。



つわりに効果的なツボ

足裏に「吐きつわり」「もどしつわり」「食べつわり」などのつわりに効果的な
「裏内庭(うらないてい)」というツボや、手首の内側にある「内関(ないかん)」
などのツボに温灸やハリをするとつわりの症状が落ち着いてきます。

つわりの症状がひどいようなら、数日間隔でつわり専門の鍼灸治療を受けて、
早くつわりを抑えていきましょう。


この記事を共有する

妊娠中の腰痛・不妊症解消したい方へ

宝塚市,中山寺駅の不妊治療 妊婦 腰痛 鍼灸 整体 不育症

平日19時半まで受付 初回施術特典あり 中山寺駅より徒歩2分 お子さん連れ可能 駐車場3台あり

【無料】不妊や産前産後の不調でお悩みの方へ

【初回限定】色々試したけど不妊治療で結果が出ない方へ

子宝治療(不妊治療)※体験治療半額

7,000円(税込)→3,500円(税込)

【初回限定】逆子で出産が不安な方、早めの治療がオススメです

逆子治療(体験治療半額

3,000円(税込)→1,500円(税込)

逆子鍼灸整体(体験治療半額

6,000円(税込)→ 3,000円(税込)

【初回限定】妊娠中の腰痛、つわりなどを解消したい方へ

妊婦さん専用の特別治療(体験治療半額

6,000円(税込)→ 3,000円(税込)

【初回限定】産後の腰痛や、体型が戻らずお悩みの方へ

産後の骨盤矯正(体験治療半額

6,000円(税込)→ 3,000円(税込)